RugVista
CarpetVista
CarpetVista Collectible
Carpet Encyclopedia

カーペット 百科事典 ウェブサイト

mattor Svenskacarpets Englishteppiche Deutschtapis Françaisalfombras Español

tappeti Italianodywany polskitapijt nederlandscarpet japan
目次
初めに
歴史
スタイルと起源
種類
製造
機械織りラグ
ご購入
お手入れ
用語集
参考リンク
サイト内を検索する

サイト内の全ての内容は全て正しいとして受賞されました。
britannica_iguide_blue.gif
 

機械織りラグ

機械織りカーペットは良質でお手頃な価格で提供されています。

機械織りカーペットは良質でお手頃な価格で提供されています。

私たちが現在使用しているカーペットは、もともとは人々が生活していたテント内を暖め保護する目的で製造されていました。カーペットを結び織る技術は年月をかけて発展し、模様はより一層細やかにデザインされました。今でもユニークな私用手工芸品として長く扱われています。
 
19世紀に、産業主義が勢いを増し、織機もますます発展し機械化されていきました。より進化をとげた絨毯はイギリスで大幅に生産されるようになり、その中でも機械織り絨毯は代表的なものとして製造されました。アクスミンスターやウィルトンなどでは、これら有名な機械織り絨毯の原点地として知られてます。過去の年月を得て、生産技術はより洗練され、今日販売されているラグの大部分は機械で織られた製品です。

現在の機械織りラグは高品質で、手縫い絨毯と機械織り絨毯を判断するのには長年の経験を要します。もし双方の違いを挙げるならば、製品に対する想いと魂の入れこみ方の違いが挙げられるでしょう。

生産技術
手縫い絨毯と機械織りラグの間には、生産プロセスに大きな違いが見られます。

手縫い絨毯と機械織りラグの間には、生産プロセスに大きな違いが見られます。

機械織りラグは、巨大な機械織り機に巻き込まれている何千本の糸のリールによって製造されます。糸は素早くデザインに沿って織られていきます。製造は一定の幅で行われ、様々な模様とサイズを同時に製造することができ、また材料のこぼれを最小限に抑えます。機械織り機にはいくつかの制限があり、限られた色のみ使用されますが、通常8〜10色を混ぜ合わせ、よりバリエーションのある色を作りだすことができます。一度、ラグが織られたら、様々な模様やサイズに切り分け、最良の耐久性を保持できるようトリミングし形を整えます。 いくつかのラグは、手織り絨毯のように、絨毯の経糸の一部であるフリンジとは反対に、後ほど絨毯の端に縫い付けられます。

機械織り絨毯の製造には、サイズにより変わりますが、約1時間を要します。手縫い絨毯を完成させるのに数ヶ月、数年を要するのに対し、なぜ機械織り絨毯が決定的に安く販売されているかの理由が分かります。
数千本の糸で製造された後、ラグの種類を決めていきます。
数千本の糸で製造された後、ラグの種類を決めていきます。
Machine-knotted rugs on the loom...

敷き機で織られるラグ。
Enormous machines are used.

多くの機械が使用されます。
So many threads...

たくさんの糸で織られます。
多様な選択枠

現在では、機械織りラグから膨大な種類の形、モデル、品質の中から選ぶことが可能です。モダンなデザインから、幅広い色や模様のオリエンタル絨毯まで選択できます。機械的な製品のため、市場に向けて短期間で製造することも可能です。

非常に様々なサイズが製造されているため、ご希望のサイズを通常簡単にお探しいただけます。効率的な生産のおかげで、機械織りラグは低価格のため、頻繁にご自宅のラグの切り替えを楽しむことができます。

原料
羊毛、ビスコース、狗尾紅が機械織りラグの主な原料として使用されます。

羊毛、ビスコース、狗尾紅が機械織りラグの主な原料として使用されます。

ビスコース
ビスコースとは、シルクに似た人口繊維であり、綿やセルロースなどの天然素材を基盤としてます。ビスコースは非常に柔らかく、人工絹(レーヨン)の中でも重要な素材です。ビスコースは、多くの場合ラグのディテールを強調し、また美しい光沢を与えるために使用されます。いくつかのビスコースラグは素材を劣化させる場合があります。これは、繊維の製造時に低品質の原料を使用してためだと考えられます。ビスコース繊維は使用中に放出され、カーペットに短い繊維が表面に放出される場合があります。しかし、生産後に絨毯を洗浄することでこれらを防ぐことができ、結果的に繊維の放出を少なめにしより絨毯に光沢をもたらします。


羊毛 
通常ウールは、羊に関連しますが、他の動物からも作ることができます。一度ウールをせん断したら染色用に紡糸されます。ウールはラグでは一般的ですが、汚れ防止の効果があり、より羊毛脂が高いほど柔らかく光沢のある絨毯を製造できます。機械織り絨毯に使用されるウールは、部分的に耐摩擦性を高めるために、また製造中にウールが破裂しないように合成繊維の芯が使用されています。

--→羊毛の詳細はこちらから


PP(ポリプロペン)ヒートセット
ポリプロペン(ポリプロピレンとして知られている)は、化学的に生産された環境に優しい人工繊維です。ポリプロペンは、市場で最も一般的な熱可塑性樹脂のひとつであり、デンマークの環境保護庁によると、プラスチック繊維の中でも最も環境に優しい効果があると言われています。素材は、耐久性に非常に優れ、熱にもよく耐えることができますが、寒さには敏感です。PPヒートセットで作られた絨毯は非常にお手頃な価格で購入可能で、天然素材にアレルギーをお持ちの方々に適しています。繊維が放出されないため、掃除が簡単で、多くの場合はその特性から機械織りラグの製造に使用されています。

コットン
綿はアオイ科の植物からの織物繊維です。素材は非常に丈夫な耐摩擦性、耐洗浄性を持ち、しばしば衣服や他の繊維製品の製造に使用されています。コットンは、多く野カーペットに使用され、例えば摩擦しやすいジュートよりも非常に耐久性があります。

--→綿の詳細はこちらから

シェニール糸 
シェニール糸は、綿、レーヨン、アクリルなどの様々な材料を、厚目の糸の周りにねじって生産された素材のことを示します。糸は従って厚く柔らかくなり、撚糸から突き出た糸繊維が心躍る浮き彫りの模様を作り上げます。シェニール糸は通常ビスコース糸と共に機械織りラグに使用され、明るい印象を与えます。

コウマ 
コウマ(黄麻)は、インド、中国やタイのような場所に生長する亜熱帯植物です。生地は、植物の茎から製造されます。コウマ繊維は大抵の場合短く、そのため回転しにくく、従って紡糸潤滑剤が添付されます。コウマ使用の絨毯製造は比較的に安価で、カーペットの経糸の一部に使用され、そのため綿と違って少し硬めの絨毯に仕上がります。